生え際が後退する原因と育毛剤の選び方

生え際が後退してしまう一番の原因は男性ホルモンです。

 

具体的には、男性ホルモンの「テストステロン」と、毛根部にある「5αリダクターゼ」という酵素が結び付くことで、脱毛の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変換されます。このジヒドロテストステロン(DHT)が、髪の毛の発毛や成長を遅らせたり、脱毛を促すことで生え際が後退してしまうのです。

 

つまり、生え際が後退してしまっている場合、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制させることが重要になっています。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)をの生成を抑制させるには、育毛剤を使った対策が欠かせません。しかし、DHTの生成を抑制する成分を配合していない育毛剤を使っていては、全く意味がないので事前にしっかりと確認することが大切です。

 

生え際の後退(M字)対策なら「薬用プランテル」が人気!

生え際の後退(M字)対策として多くの人から選ばれているのが「薬用プランテル」。

 

薬用プランテルには、生え際の後退原因であるdht(ジヒドロテストステロン)生成を抑制する成分として「ヒオウギエキス」が配合されています。そのため、安物の育毛剤と違い、抜け毛予防が期待できるため生え際の後退対策として選ばれています。

 

また、薬用プランテルには、頭皮の血行促進作用のある「センブリエキス」「セファラチン」といった有効成分も配合。抜け毛予防・血行促進の働きがある成分を含め、10種類もの育毛成分が配合されているため、生え際後退が気になる方から選ばれています。

 

生え際の後退対策として育毛剤を選ぶ場合、「dht生成の抑制」「血行促進」成分が配合されているものを選ばないと身がありません。薬用プランテルなら両方の成分をしっかりと配合されているため、できるだけ早く対策をはじめましょう。

 

 

 

 

生え際の後退に使える育毛剤の選び方

 

では、具体的にどのような育毛剤を選べば、生え際の後退対策に使えるのでしょうか。
育毛剤を選ぶ時は、次のポイントに注意して選ぶことが重要です。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する成分の有無

 

生え際の後退対策として育毛剤を選ぶ時に最も重要なのが、DHTの生成を抑制する成分が入っているかどうかです。具体的には、「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」「冬草夏虫エキス」などが、DHTの生成を抑制する働きがあります。

 

育毛成分が十分に配合されているか

 

生え際の後退と一言で言っても、その状態は個人差があります。そのため、できるだけたくさんの育毛成分を配合した育毛剤を選ぶことが大切です。中には、数種類しか育毛成分が配合されていない商品もあるため気を付けましょう。

 

無添加で頭皮へのダメージがほとんどないか

 

市販されている育毛剤には、頭皮へのダメージになる添加物がたくさん配合されているものが少なくありません。このようなダメージ成分は、育毛には逆効果になるため、余計な添加物が配合されていない無添加育毛剤を選びましょう。具体的には、「石油系界面活性剤」「パラベン」「人工香料」などは要注意です。

 

生え際の後退対策に使う育毛剤は、これら3つをすべて満たしたものを選ぶことが大切です。
では、これらのポイントを踏まえたうえで、生え際の後退対策に使える育毛剤をランキングしました。育毛剤選びの参考にしてみてください。

 

生え際の後退に使える育毛剤ランキング

 

薬用プランテルの特徴

抜け毛の原因であるDHTの生成を抑える成分として「ヒオウギエキス」を配合しています!【M字型専用育毛剤】として生え際の後退が気になる多くの方が利用している話題の育毛剤!

価格 評価 備考
8.200円 評価4.5

チャップアップの特徴

生え際の後退対策として一番人気の育毛剤がコレ!抜け毛の原因であるDHTの生成を抑制する成分をはじめ、育毛成分を50種類以上配合しています。

価格 評価 備考
7,400円 評価4

WAKAの特徴

水で薄めず原液100%を実現した育毛剤。漢方を主成分にしているため頭皮にやさしくなっています。生え際後退の原因であるDHT生成の抑制をする成分も配合しています。

価格 評価 備考
4,400円 評価4

 

生え際後退に育毛剤薬用プランテルが選ばれている理由

 

生え際後退対策として人気の薬用プランテル。安物の育毛剤と違って、抜け毛の原因であるdht生成を抑制する成分が配合されているのが特徴です。

 

商品によっては、ほとんどが水で育毛成分が数種類しか配合されていないものも少なくありません。生え際の後退対策として育毛剤を使う場合、当たり前ですが、そのように育毛剤を使っていては全く期待できません。

 

薬用プランテルには、抜け毛予防の「ヒオウギエキス」、血行促進の「センブリエキス」「セファラチン」が配合されています。そのため、多くの人が生え際の後退対策として利用されています。

 

また、薬用プランテルは他の育毛剤よりも続けやすい値段設定なのも人気の理由です。定期コースを利用すれば、6,980円という破格で購入できるためコストパフォーマンスが非常に高い育毛剤に仕上がっています。

 

育毛剤は、「良質な成分」配合のものを「使い続ける」ことが必要です。薬用プランテルを使ってしっかりと対策をはじめましょう。

 

当サイトについて

生え際後退に使える育毛剤の決定版【人気育毛剤を徹底比較!】では、男性の多くが悩む生え際の薄毛対策に使える育毛剤を徹底検証し、ランキングでご紹介しています。生え際の後退は、頭頂部の薄毛などと比べ、進行速度が速く、対策が遅れるとどんどん進行してしまいます。
また、髪の毛が長い方の場合、生え際の後退がかなり進んでからじゃないと気付かない方も少なくありません。生え際の後退対策として薬を利用される方もおられますが、恐ろしい副作用のことを考えると、育毛剤や育毛サプリメントを使った対策がおすすめです。
最近では、生え際の後退原因であるDHTを抑制する働きのある成分が配合される商品が増えてきたため、実感される方も多いです。薄毛には、生え際以外にも、頭頂部や前頭部など様々な状態があります。生え際を含む、総合的な薄毛対策を考えている方は、を参考にされてみてください。生え際をはじめ、頭頂部や前頭部、年代別など、薄毛対策について詳しくまとめられています。
薄毛対策は時間がかかりますが、しっかりと継続して行うことが何よりも大切となっています。